Epic無料配布のcivilizationVIにsteamワークショップのmodを導入する。+SDKについて。

どうもすろです。

少し前にEpic game storeで無料配布されていたCivilization VIですが、civシリーズと言えば欠かせないのがDLCとmodではないでしょうか。

Steam版であれば、Steamワークショップという便利な物があるので、そこにアップロードされたmodをボタン1つで導入できるんですがepic版はそういうわけには行きません。

もちろんどうせ無料配布された本体のみより、DLC込みでSteamで買えばいいじゃんという話なんですが今回はあえてepic版にワークショップのmodを手動で導入する方法について書いてみます。

準備

あたり前ですが、まずはepicのクライアントでciv6をダウンロードして、一度バニラ(modなし)で起動しておいてください。

導入

modを探す

まずは目的のmodを見つけましょう。

①civlization VIのSteamストアページに移動して、コミュニティハブをクリックしましょう。(ブラウザで)

②その後、ワークショップのページに移動します(面倒な方はこちら

③ワークショップの検索窓やらジャンルやらから導入したいmodのページを開きましょう。

今回は可愛い17歳アイドルの文明を追加してみます。

ちなみに、この時に説明欄にDLCが必要と書かれていたりするのでそこはチェックしておきます。

modのダウンロードとコピー

見つけたmodのワークショップページのURLをコピーします。

その後、こちらのsteamワークショップダウンローダーを開きます。

開いたらURLを入力する部分に先程のURLを貼り付けましょう。

すると、modについての情報が現れるので確認後右下のダウンロードボタンをクリックしてダウンロードします。

ダウンロードしたmodはzipで圧縮されているので、解答します。

modを導入したい人で解凍ソフトがわからない人はいないと思いますが個人的なおすすめはcubeICEです。

解凍が終わったら、次はマイドキュメント→My games→Sid Meier’s Civilization VI (Epic)とフォルダを開いていきます。

もしciv6のフォルダがなかったら、とりあえずバニラで起動したら多分作成されます。

開けたら、中にModsフォルダがあるので(なかったら作っていいと思う)その中に自分のわかりやすいようにmod名をつけたフォルダを作成します。

フォルダの作成が終わったら、先程解凍したmodの中身をコピー(移動でも良い)しましょう。

ゲームを起動して確認。

ゲームを起動して、追加コンテンツ→MODと移ります。

さっき導入したmodがありましたね。バージョンによっては、黄色の部分のように警告が出ます。

物によっては動きませんが、文明などは下のチェックボックスを押して無視しても動くかも?

あとは最下部の有効にするボタンを押しましょう。

これで可愛い文明で戦えるようになりました。

注意とか

steamワークショップでサブスクライブしたmodは通常は自動でアップデートがかかりますが、この方法は手動で導入しているため、アップデートがかかりません。
そのため、アップデートされていることがわかったら自分で再度ダウンロードして導入しないといけません。

面倒だけど、仕方ないね。あとDLCが必要なmodも多いので、無料配布されてた本体だけだと動かないものも多いです。(無料配布である程度遊んで面白かったらSteamで全部入り買っても良いかも。)

MOD作成のためのSDKについて、

そういえば、Steamでcivシリーズを購入するとmodを自作するときなんかに使うSDKをダウンロードできるようになりますね。

ではepicではどうなんだとなりますが、残念ながら現時点ではepic版ではSDKを利用できないみたいです。

メールで問い合わせてみましたが、2Kと提携してないので現時点では無理ですとのこと。残念。