超硬派シューティング「ぎゃる☆がん2」をロシア(gamazavr)で買ったら使用済みが届いた話。

暑い日が続きます。どうもすろです。

まだ記事は書いてませんが、実はVRやりたくなってお国の給付金でOculus questを買ったんですよね。
で、やっぱりVRを生かしたゲームをやりてえ ってなるわけです。


そこでhalf lifeが出るまでVRシューティングの代名詞となっていた超硬派、男のシューティングゲーム「ぎゃる☆がん2」・・安くなったら買おうと思ってたらロシアの販売サイトgamazavr.ruでセール対象になったので購入したわけです。

なんて硬派なゲームなんだ・・!

非処女だったSteamキー

ウキウキで購入したぎゃる☆がん2のSteamキーですが、いざSteamで有効化しようとするとエラー。

あれ?ぎゃる☆がんは登録制限無いはずだぞ?と思ってよく見るとなんと使用済みのキーとのエラーが。

これは販売店へのメールに添付したものなので表示言語はロシアにしてあります。

いままでこういった鍵屋で購入することは結構ありましたが、使用済みが届いたのはG2Aなんかの怪しいマーケットプレイスで1度あったのみ。
正直びっくりしました。

ロシアキーのセール情報をまとめてくれているPC gamerさんのコメント欄でも同様に使用済みが届いた人がいるようでした。

とりあえず販売店へ連絡すると、エラーの画面を添付しろとのこと。
gamazavrのサポートはロシアのみ対応のようなので、ロシア語に表示言語を変更し、メールもDeepLをつかってロシア語で入力。

Steamサポートに丸投げ?

すると帰ってきたのはこんな文章

DeepLで翻訳しています。

これを見た時他の販売店で売ったものをユーザーからSteamに問い合わせさせるって それで解決せんだろ・・。と思いましたが、とりあえずSteamのサポートにこのキーがいつ有効化されたかを聞いてみました。

StarWars好きのSteamサポートの兄ちゃん。

Steamからは割とすぐ返信が来て

1月にアクティベートされてるよ!
jedi fallen orderで遊んでるよ! と返信が。今ハマってるゲームまで教えてくれる親切ぶりです。

とりあえず私が注文した日よりも遥かに前に有効化されたものであることが判明したためこれを添付したメールを販売店へ。

無事花びら大回転となったぎゃる☆がん2

さすがにあっちも納得したのか、交換したよとメールが来たので、gamazavrのサイトから確認するとキーが新しいものに変更されていました。

PCgamerさんのコメント欄ではなんと交換後のものも使用済みという方も居たみたいですが私のところにきたものは無事登録できました。
また、返金処理となった方もいるようで・・・。今回は運が良かったかすろち・・。

ちなみにVRモードは別売りDLCです。

これから

ロシアキーはもともと、ブラックよりのグレーでありSteam側の規制も年々厳しくなっていますが、ぎゃる☆がんは規制なしのキーだったので油断していましたね・・。

まぁ、自己責任で購入しようということですね・・。

ちなみに、gamazavrもセールどころじゃねえとなったのか現在セールのページからぎゃるがんは消えており、商品ページもなくなっています。(でもセールのバナーには硬派なゲームイラストが・・。)