相手を思いやる心が必要?な短編恋愛ADV LoveChoice 択愛

2020年6月21日

LovechoiceはAkaba Studio制作の短編ADVです。インディーゲームですね。

1エンディング10~20分で終わりますが。一応マルチエンディングです。

可愛らしい絵柄と考えさせられる選択肢

ゲームを進めると画面下にいくつかの選択肢が現れます。

選択肢は一見してどちらを選べばいいのか判断が付きそうなものから、判断が難しいものまで様々。

プレイヤーは相手を思いやる心を持って愛について考えないといけません。

3つの物語と癖のあるキャラクター。

3つの物語が収録されていますが、それぞれの女の子は日本のギャルゲーによく出てくるタイプとは一味違った性格をしています。

日本語訳がされているのですが、すこしお硬い翻訳(意図的かも)も相まって、なんだか異国の人との恋愛を感じることができます。

対して異国感を感じないSSですが・・

翻訳は低価格インディーゲームとしては上出来

特に違和感を感じる部分はそこまでないです、多少堅苦しい感じがしないでもないですが、それも意図的にされているのかな?となるレベル。

そして、登場する物を日本向けに翻訳されているなと感じる部分があります。好印象。

まぁ、このゲームの前後に遊んだMoe Eraが酷すぎたんですが。

面白さ(多少のネタバレ。)

このゲームはただのADVでは有りません。(以下反転)

いわゆるギミックのあるADVです。選択肢をクリックするだけではトゥルーエンドにはたどり着けません。

ただ、それに気づくと割とギミックを探し回る作業感が出てきてしまうのが難点ですね。

全体が短いゲームなので、そこまでは気にならなかったですが。

ちょっと息抜きに遊ぶのにもおすすめな低価格ゲームでした。

この作品はセールでなくても200円ほどで販売されています。

ウォレットが余ったときにでも買ってみると息抜きに丁度いいかもしれません。おすすめです。